BIGOT LOGO
BIGOT HOME
NEWS MENU SHOP LIST SCHOOL CAFE and RESTRANT
RAKUTEN

パンの神様はどうやってパンをつくるのか

フィリップ・ビゴのパン

フィリップ・ビゴ著 

柴田書店   紹介ページ
A4変型判 200頁(内カラー168頁)

定価3570円(税込)
本格的なフランスパンをはじめて日本に紹介したのが、いまも芦屋でパン屋「ビゴの店」を営むフィリップ・ビゴである。日本でのフランスパンづくりにおいては、「パンの神様」といっても過言ではない存在だ。
本書ではレシピとともに、ビゴの考えるパンづくりの真髄を、随所にちりばめているのが特徴。人間のためではなく、パンが気持ちよく発酵する環境には何が必要なのか、いけないのか、どうこねたらパンはおいしくなるのか……、などなど。これまでにはなかった、パンの立場で書かれた技術書といえる。
ベーシックな5つのジャンルのパン48品を、状態がわかるプロセス写真とていねいな解説で紹介。
ほかにお菓子っぽいパンやパン屋がつくる菓子40品や、パンを使ったメニューやパンに合う料理40品、さらに飾りパンも掲載。
パンへの愛情あふれる技術書といえる。

 

目次

その他写真1

その他写真2

CONTACT About BIGOT SITE POLICY   BIGOT HOME